キャッシング・ローン


キャッシング・ローン情報総合比較サイト:インターネットで借入ができるサイトを徹底比較


消費者金融とは?

消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。

また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

1970年代頃は、サラリーマンを対象にした業者が多いとして「サラ金」(サラきん、「サラリーマン金融」の略語)、あるいは市街地(街中)に営業所があることから「街金」(まちきん)と呼ばれていた。しかし、1980年代頃からは、女性(OLや主婦)や自営業者などの契約も多いとして、「消費者金融」の名称がよく使用されるようになった。その背景には、過剰な融資や高金利、過酷な取り立てにより、「サラ金地獄」という言葉がたびたび使われるようになって、「サラ金」のイメージが著しく悪くなったことから、業界が新たな名称として「消費者金融」の使用を押し進めたことがある。なお、「サラ金」の呼称以前に1960年代頃は「団地金融」や「勤人信用貸」(つとめびとしんようがし)という呼び方もあった。

また、高い金利を特徴とする事から「高利貸し」とも呼ばれる。英語圏国家では高利貸し、闇の金融業者は「loan shark」(借金の鮫、サメ金)と呼ばれる。loan sharkの取り立てにはしばしば脅迫、暴力が伴う。

消費者金融は「サラ金」と呼ばれることも多いが、社団法人神奈川県貸金業協会は、2005年10月4日に当時の会長・吉野英樹が『サラ金』と呼ばないことを求める会長声明を出している。尚、日本の法令用語にサラ金や消費者金融などの語は存在しない。

サラ金カードとは?

1970年に銀行等でCDの設置が浸透し始めたことから、同時期にマルイト(現アコム)が、1980年代にはその他の消費者金融が次々にCDの設置とカードの発行を開始した。これにより、借入の都度店頭窓口に出向く手間が省けるようになる他、1990年代に登場した自動契約機とCD・返済も受け付けるATMとの2点セットで、消費者金融全体の無人店舗の大量出店にも繋ることとなる。

1990年代になると、消費者金融と信販のCD間で相互にカード利用提携が盛んに行われ、1990年代後半、特に2000年の銀行系消費者金融の参入によって銀行・信用金庫などの金融機関でのATM、近年はコンビニATMやビューアルッテなどのステーションATMでも利用出来るように広がっている。

それまで発行会社のATMでしか利用できなかったカードが、銀行やコンビニのATMで利用可能となり、キャッシュカード感覚で手軽に引き出す事が出来るようになったことから、消費者金融やサラ金ビルに出入りすることに抵抗感を持つ層(主に若者や女性)の呼び込みに成功するものの、自分の預金・資産と錯覚してしまうことで、自己の返済能力を超える借入に陥りやすいことも懸念されている。

主なカード

benecere card (武富士

アイフルカード (アイフル

アコムカード (アコム