キャッシング・ローン


キャッシング・ローン情報総合比較サイト:インターネットで借入ができるサイトを徹底比較

ネット銀行

ネット銀行(ねっとぎんこう)とは、実店舗を配置せず、営業上必要な店舗のみを有し、主としてインターネットや電話等の通信端末を介した取引の提供を中心した銀行のこと。

銀行
ジャパンネット銀行



楽天銀行



振込や振替などの取引はインターネット取引やテレフォンサービスを利用し、現金の取り扱いには自社あるいは提携の現金自動預け払い機 (ATM) 網を使う。実店舗を配置していないのは人件費などのコスト削減を意図したもので、「手数料が安い、預金金利が高い」などといった特徴を持っている。

また、預金通帳の発行および維持にはコストがかかるためこれを廃し、紙による「バンクステートメント」やインターネットで閲覧による取引通知(「ネット通帳」。取引の流れがサイト画面に表示されるだけのところもあれば、Microsoft Moneyにデータをダウンロード出来る銀行もあれば、CSVファイルやPDFファイルのような電子媒体で提供するところも存在する)に替えている銀行もある。

インターネット専業銀行

インターネット専業銀行あるいはネット銀行、インターネット銀行とは、利用者に対し直接現金や証券証書類の受け払いを行う実店舗(窓口やATM)を原則的に設置せず、営業上必要な拠点のみを設置し、電話やインターネットを介した取引(インターネットバンキング)の提供に特化した銀行のこと。ネット銀行に属する銀行の中には実店舗(窓口)を有する銀行もあり、必ずしもネットや電話のみと言うわけではない(ジャパンネット銀行は窓口から振り込みもでき、窓口でないとできない業務もある)。従来型の銀行の多くも、インターネットを介した銀行取引サービス(ネット支店)を行っているが、既存店舗の取引の延長線上にあるものが多く、ネット銀行はネットが取引の主体であるため本質的には異なることもある。

顧客の側の利点としては、簡便な口座開設や手続き、24時間取引、手数料の割安さ、有利な預金金利、特色ある金融商品などが挙げられる。ただし、手数料に関しては、昨今ネット専業銀行の手数料改悪が目立ち、また、都銀の手数料値下げやネットバンキングが追加された結果、都銀の方が手数料が安いという逆転現象が起きている。反面、インターネットを通じた少人数による営業活動のため融資などの場面では弱く、またシステムの脆弱性やインターネットそのものの信頼性に由来するリスクは事業運営に大きな影響を及ぼす。ジャパンネット銀行のシステムにおいて、複数回にわたり長時間の停止が発生し、2003年6月12日に金融庁から業務改善命令が出されたことがあり、その後10月にもシステムの停止が発生している。

インターネット専業銀行は、存在の独自性から本質的に高いサービスの提供へと、求められる企業価値や事業展開の質はより高く移行している。